プロ野球で名球会入り「2000本安打」を達成した広島・新井貴浩

新井貴浩

ようやく2000本という金字塔を打ち立てた。もう駄目だろうと何度もカープファンたちは思ったことだろう。広島カープの新井貴浩が2016年4月26日の対ヤクルト戦でプロ18年目にしてプロ通算2000本安打を達成させた。

残りあと1本と迫って迎えた神宮球場でのヤクルト戦には、広島からもカープファンが長い列を作って、神宮球場の開門を今や遅しと待っていた。プロ野球ブログなどでもこの日の話題は新井が2000本を達成するかということがメーンだった。

そしてその瞬間はついにやってきた。ヤクルトの先発は左腕の成瀬で、3回無死二塁とチャンスで新井に打席が回ってきた。そして思い切って引っ張った打球が左翼線二塁打となり、史上47人目、大学卒(駒沢大)としては12人目、広島カープとしては山本浩二、衣笠祥雄、野村謙二郎、前田智徳以来となる5人目の快挙を達成した。

この日のテレビや新聞はもちろんインターネットなどのスポーツサイトでは、新井の名球会入りの話で持ちきりだった。ヒーローインタビューでも「ありがとうございます」と帽子を取って球場を360度見渡して、観客の声援に応えていた。「チームメイトのお陰で達成することができた」と感謝の言葉を口にしていた。

阪神に移籍して、また古巣の広島に戻ってきての2000本安打達成。金本知憲・阪神監督もこの偉業に「きもいっすね」とお決まりの言葉で最大限の賛辞を送っていた。

プロ野球は賭博問題で少しくらい雰囲気で今シーズンを開幕させたが、この新井の偉業がプロ野球ファンたちへ力となって届いてほしいと心から思う。

【新井貴浩2000本安打達成ヒーローインタビュー】

2016年シーズンのMLB:ワールドシリーズを制するのは?

前田 健太

日本のプロ野球のキャンプは2月1日にスタートしました。遅れること半月、メジャーリーグのキャンプも始まりました。

メジャーリーグはあまり全体練習をする印象がなく、キャンプといえども日本のように朝から晩まで練習漬けというわけではなく、半分が全体練習なら半分は個人での練習、トレーニングという感じが現地で見ていて強いです。

日本の皆さんは、ややもすれば「メジャーリーガーはあまり練習していないのに、すごいな」と思っているかもしれませんが、もちろんもともとの個人能力が高いこともそうなんですが、しれーと見えないところでかなりハードな練習をしているんですね。そして、何より科学的に効率よく練習しているという印象を受けます。

162試合と言う長いシーズンを戦い抜けるパワーを準備しておかなければならないので、やっていなければ到底戦うことは無理です。今シーズンからドジャースの一員となった前田健太投手にはぜひ活躍してほしいと楽しみにしています。

全米では早くも「今年のワールドシリーズで勝つのはどのチームか?」ということが各スポーツ専門誌、テレビなどで報じられています。また、スポーツを賭けの対象としているブックメーカーと呼ばれるイギリス発祥と言われる賭け屋も、予想オッズを出してベットを早くも募集しているようです。

日本でも人気が高いと言われている(日本でもブックメーカーできるのですね、笑)ピナクルのワールドシリーズ優勝チーム予想オッズでは、シカゴ・カブスが8.99倍で有力視されているようです。川崎宗則選手がいたトロント・ブルージェイズが2番目となる12.54倍と高い評価を受けているようです。ちなみに、前田投手のロサンゼルス・ドジャースは13.74倍とこちらも有力候補と言える位置につけています。

2016年のワールドシリーズはどのチームが制するのか?キャンプから見守っていきたいなと思います。ちなみに、私はドジャース優勝に賭けました!いくらかは言えませんが、笑。